Skip to content

2020年のプログラミング教育必修化は…

2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されるというニュースが今かなりホットなものとなっています。特に私のような未就学児の子供を持つ親にとっては、どんなことをするのかと不安に思う方もいるのではないでしょうか。かく言う私も、IT関連職に就く者として小学校からやる意味などほとんどないのではないか、とニュースタイトルだけ見た際には思っていました。

しかしよくよくニュースの内容を見ると、プログラミング教育というタイトルから思う内容とは違うもののようです。実はこの2020年からのプログラミング教育必修化は、どちらかといえばアルゴリズム的思考を取り入れた教育の必修化、と言えるのではないでしょうか。そう解釈するならばこれは私にとってもかなり分かりやすいうえに、早いうちから行うことに諸手を挙げて賛成したいものだと言えます。

しかし、これだけではどういうことなのか違いが分からないという方もいらっしゃるでしょう。分かりやすく言えば、この施策は小学校でそもそもプログラミング言語を学ぶ教科を作ります、ということではないのです。これまでの科目、例えば算数や理科などでプログラミングをする際に使う論理的に組み立てる思考の基礎を学びましょうというものとなります。もっと分かりやすく言えば、自分が作りたい、求めたいことを実現するために必要な動作や判断材料を組み合わせ、そこへ至るまでの道筋を作る訓練をしましょうということです。

ですのでこのことで学べるプログラミング的思考=アルゴリズム的な思考というものは、決してプログラミングだけに役に立つというものではありません。あらゆる困難に出会った際に使える、壁を越えていくための論理的思考能力を鍛えるということに繋がるのだと思います。

また、この教育の中でプログラミングがどのように行われ、電子機器やソフトウェアが魔法のようなものではなく論理的思考の積み重ねによってつくられているかを理解することは、きっと将来ユーザー側として使う際にも役に立つでしょう。

2020年のプログラミング教育必修化、そういう意味でも楽しみになってきましたね。

横浜の甥っ子が子供プログラミングスクールにこのプログラミング必修化に伴って通っているみたいです。将来はゲームクリエイターを目指しているそうでほんと将来が楽しみです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です